よくあるご質問

日本介護技術協会について

日本介護技術協会が誕生したきっかけは何ですか?
ー現在の介護職の悩みの多くは、実技がしっかりと勉強されていない点に起因すること。リハビリ職から勉強会を開催してほしいという依頼が多かったことから、それらの問題点を解決するために誕生しました。

協会にはどんな先生がいるのでしょうか?
ー田中義行先生から直接指導を受けた現役の理学療法士・作業療法士(PT・OT)がインストラクターとして対応をさせていただきます。

講座について

講座はどのような人が対象となりますか?
ー看護・介護等に関わる職種の方、または在宅で介護を行っているご家族様など、実用性の高い知識・技術をご用意させていただいております。ご興味のある方なら、どなたでも対象となります。

講座はいつ、どこで受講できる(場所・時間帯)のでしょうか?
ー随時お知らせしていきます。施設内または社内などで多数の同時受講を希望される場合には、講師の派遣もいたします。

資格認定講座以外の研修会、セミナーは行っていますか?
ー1日セミナー、半日セミナーなどご対応できる範囲で行うこともご相談できます。「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

講座の申込はどうすればいいのですか?
ーホームページ上の「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

講座を見学することはできますか?
ーインストラクター取得者が、他のインストラクターが実施している講座を見学することは可能です。

開講後、途中からの申し込みはできますか?申し込み後にキャンセルはできますか?
ー開講後の途中参加はできません。ご希望の方には、次回開講の案内をご連絡させていただきますので、それに合わせてご参加して頂ければと思います。また、申し込み後のキャンセルは可能ですが、別途キャンセル料がかかる場合がありますので、なるべくお早めに連絡をお願いいたします。

講座はどんな方が担当するのですか?
ー田中義行先生のコンセプトを理解し、講義ができる現役の理学療法士、作業療法士(PT・OT)が担当を致します。初回登録している講師は直接田中先生から指導を受けた者です。

教材は配布されますか?
ー開講時に、受講生に対して配布致します。

問題集などはありますか?
ー現在のところ、問題集を発行する予定はありません。必要であれば問題集も検討いたします。

講座修了後に質問することはできますか?
ーお問い合わせフォームよりご質問が可能です。

病気などで講座を休んだ場合、どうなりますか?
ー講座は定期的に実施していく予定ですので、補習として別途補講日を設ける予定です。しかし同じ会場で補講講座を開催するとは限りません。

講座は受講せずに、試験だけ申し込むことは出来ますか?
ー介護知識、技術の習得及び共有も必要となりますので、試験だけという対応は行っておりません。必ず受講していただきますようお願い致します。

講座は必ず3級から受講しなくてはいけないのでしょうか?
ー各級には、それぞれ資格要件をご用意しております。もしも介護福祉士をお持ちであれば1級から受験可能など、必ずしも3級からというわけではございません。詳細については各級の「資格取得条件」をご確認ください。

資格について

資格取得のメリットを教えてください。
ー介護をする側、受ける側の負担の軽減、及びより安全で安心感のある介助方法を身につけることが出来ます。
ー協会登録のインストラクターと交流することができ、介護についての不安を解消できる場をご用意、活用することができます。
ー当協会及び各インストラクターが主催するセミナー、勉強会等に参加できます。
ーインストラクターとなることで、社内及び社外の方々に対して指導を行えます。

合格すると認定証などはもらえますか?
ー各講座終了時に、認定証(合格証)を発行いたします。

資格維持のための制度はありますか?
ー資格維持ではなく、知識および技術の向上を目的として、定期的にセミナーおよび勉強会を開催いたします。

そもそもインストラクターって何ですか?
ー各講座(3級から1級)の講師として活動できる資格です。
ー田中先生の研修会や、インストラクター対象のセミナー・勉強会等に参加できます。
ーインストラクター同士が自由にやり取りできる場を提供します。
ー社内だけでなく、社外教育を実施できます。

インストラクター資格取得後はすぐ講師になれますか?
ーインストラクター資格を取得(講座終了)した時点で講師として対応させて頂きます。

Copyright リハビリ視点の介護技術向上を担う一般社団法人日本介護技術協会 All Rights Reserved.