認定自律介護技術インストラクター資格

認定自律介護技術インストラクター資格の目的

現場でのマネジメント能力が身に付けられる。認定講師として、各級の講義ができる。多くの方に認定自律介護技術を広め、よりよい社会に貢献できる。

認定自律介護技術インストラクター資格で身につけられること

・マネジメント能力が向上する
・認定自律介護技術資格の講師として活躍出来る。(協会主催の資格認定講座の講師派遣業務)
・技術研究会のなかで技術研鑽、新しい技術の発信ができる。

 

認定自律介護技術インストラクター資格受講資格要件

認定自律介護技術1級取得者

認定自律介護技術インストラクター資格講座受講費用

70,500円

認定自律介護技術インストラクター資格講座受講期間

12時間(2日間)
【座学 4時間 実技 6時間 テスト2時間(実技、プレ講義) 合計12時間】

<第一章> 総論
介護技術概論、リハビリテーション概論、ボディメカニクス、介助の基本、状態把握の方法、評価方法

<第二章> 姿勢・ポジショニング・動作介助
姿勢の種類、ポジショニング、動作介助種類、実技(一部介助)

<第三章> 環境・日常生活場面・福祉用具
環境、生活場面の介助、福祉用具、評価

<第四章> 疾患
疾患、二次予防、拘縮、リスク管理

<第五章> 指導者として
指導方法、マネジメント論、接遇、今後の介護制度

認定自律介護技術インストラクター資格カリキュラム

【1日目(6時間)】

コマ数(90分) 内容 ねらい
1コマ ①概論
②姿勢・運動
③支持基底面、重心
④介助の基本原則
⑤介助者の基本的態度
⑥正しい触れ方
インストラクターとして介護技術のあり方を他者に説明できるようになる。
認定自律介護技術の必要性を理解できる。
指導ポイントのおさらい
2コマ ⑦利用者の状態把握のポイント・指導方法 利用者の身体状態を判断出来るポイントを指導できる。
3コマ ⑧各動作概要・指導ポイント 全介助の方法を指導できる。
軽介助の方法を指導できる。
良くある事例を説明できる。
4コマ 同上 同上

【2日目(6時間)】

コマ数(90分) 内容 ねらい
1コマ ⑨ポジショニング ポジショニングの指導方法ができる。よくある事例の説明ができる。
2コマ 同上 同上
3コマ ⑩車いす、福祉用具
⑪高齢者・疾患の特性
⑫疾患、二次予防、拘縮、
リスク管理
⑬認知症ケアの基本的な考え方
⑭接遇、指導方法、マネジメント論、
今後の介護制度
事例を発表し、指導者として理解を深める
4コマ テスト(60分) ○×問題 持ち込み可 実技テスト

認定自律介護技術インストラクター特典

  • 認定自律介護技術養成講座の講師として活躍の場が広がる。
  • 各級の講師として施設・学校で指導することができる。
  • 自主勉強会やセミナーを開催できる。(協会認定)
  • 講師専用FaceBookで意見交換ができる。
  • 交流会、田中義行先生の講義同行案内などの情報を受け取れる。(年1回以上開催予定)
  • 田中義行先生主催の介護技術研究会に参加し、新しい事例や介護技術などの発表ができる。
  • ※新介護技術はプレゼンテーションで承認されると協会認定の新介護技術方法として発信します。
Copyright リハビリ視点の介護技術向上を担う一般社団法人日本介護技術協会 All Rights Reserved.